【HBO】シリコンバレー・シーズン6/エピソード06あらすじ【ネタバレ】

『シリコンバレー』は、2014年にアメリカのHBOでスタートした若きIT起業家達の成長を描いたコメディーです。クリエイティブな才能はあっても、ビジネスの才能がなければビックマネーは手に入れる事はできません。ビジネスセンスの全くない主人公が仲間とともに立ち上げたベンチャー企業は果たして大きな果実を実らすことはできるのでしょうか!

あらすじ

HooliというIT企業で、音楽配信アプリの開発を行っていた主人公のリチャードは、いままでにない画期的なデータ圧縮アルゴリズムを作り出し、それが投資家たちの目に留まり買収されそうになるのですが、自らの会社「パイドパイパー社」を立ち上げる事にします。

『シリコンバレー・シーズン6』は2019年10月より全7話のファイナルシーズンとしてアメリカHBOで放映されました。(現在、日本ではアマゾンプライムでシーズン5迄視聴可能です。)

なかなか日本ではファイナルシーズンが放映されないので、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか!

そこでアメリカ在住の私が『シリコンバレー・ファイナルシーズン』の気になる内容をこっそりとお教えいたします!

前回のおさらいはコチラ

『シリコンバレー』は2014年にアメリカのHBOでスタートした、若きIT起業家達の成長を描いたコメディーです。クリエイティブな才能はあっても、ビジネスの才能がなければビックマネーは手に入れる事はできません。ビジネスセンスの全くない[…]

エピソード6 『RussFest』

予告編と見どころ

ラスのお陰でギャビンの差し止め命令を回避できたリチャードですが、その為に彼のイベントのお手伝いをすることになります。しかしこの協力は、パイドパイパー社が作ったネットシステムの良い実験台にもなります。リチャードは大手携帯会社との契約を取る為に、全社を挙げてこのイベントに取り組むのです。

以下の文章には、ドラマ『シリコンバレー』の内容に関するネタバレが含まれています。シーズン6の放映を楽しみに待っている方は、以下の記事へ進まないようお願いします。

Chap01: 会議室で

引用:HBO

リチャードは、ラスを交えフェスに関する打ち合わせ中です。
AT&Tのマイケルにも同席してもらっています。
リチャードは、フェスのインフラ環境に関して説明するもラスは退屈だと言って会議を出て行ってしまいます。
マイケルと二人きりになった後、リチャードは契約に関する残念な報告を受けます。契約は、ほぼローリーのYoaNetに決まる予定だと。
リチャードは、必死に食い下がるも状況は思わしくありません。

その様子を見ていたディニシュとギルフォイルは、頑張ってきたスタッフにどう説明するのか聞くのですが、リチャードは今は黙っておくのが得策だと二人に言います。

Chap02: オフィスで

引用:HBO

リチャードは、何も知らず寝る暇も惜しみ働くスタッフに進捗状況を確認しつつ労いの言葉を伝えています。
そんな時、ギルフォイルが勝手に行った修正によって、他のプログラムが消去され、また間違った指示で会社に大量のハンバーガーパティが届いてしまいました。ギルフォイルは、AIを使って作業をしており、AIが誤作動していたのです。
リチャードは即座にAIの使用を禁止する事をギルフォイルに伝えます。

Chap03: パントリーで

冷蔵庫にパティを収納しようするリチャードの所にジャレッドがやってきます。
リチャードはホールデンの話?と聞きます。
しかしジャレッドは、ホールデンはもう辞めたからどうでもいい、問題は敵陣のYaoNetで働くGwartと自分が以前は一緒に働いていたことが心配ではないかとリチャードに聞きます。
リチャードは全く心配していないとジャレッドに伝え安心させます。

引用:HBO

ラスは、イベント会場で自身の巨大ホログラムが投影されることでかなり舞い上がっています。

Chap04: RussFest会場で

引用:HBO

月日は流れいよいよイベントの開催です。入場数も上々です。
全てが順調に進行しているように見えたのですが、ラスは自分が提案した会場内での通貨の反響に納得がいかないようです。この会場では、1ドルを1億ラスバックに換金して使用します。桁が多すぎですね。
リチャードは、ラスの機嫌をとる為に、巨大ホログラムが投影されている場所に案内します。
最初は調子よく動いていたホログラムですが、途中から上手く動かなくなってしまいます。リチャードは、しばらくしたらネットワークが改善されて安定するだろうとラスをなだめます。
ラスはイベントが上手くいくかどうか心配で精神的に不安定になっているようです。しまいには、自分が着ている服がこれでいいのか心配になっています。

同行していたジャレッドは、会場でGwartの幻影を何度も見かけます。

制御室に戻ったリチャードは、スタッフにホログラムの不具合の原因を確認します。
それは、ネットワークにかなりの負荷がかかっている事が原因のようです。調べているが原因はまだ不明のようです。

Chap05:  受付で

モニカは受付嬢が女性向けのコーディングキャンプに関し電話対応しているのを聞きます。その時、エリック・バクマンという名前を耳にし、ある事が頭をよぎります。
電話を替わったモニカは、その人間に中国訛りがあったか確認するのです。

Chap06: 再び会場で

引用:HBO

アンテナを調整して制御室に戻ってきたリチャードを待っていたのは、AT&TとYaoNetのマウイでの記者会見の中継でした。
AT&Tとの契約解消の事を知らされていないスタッフは、怒って出て行ってしまいます。
残ったのは、リチャード、ディニシュ、ギルフォイル、ジャレッドの4人。この人数では3日3晩寝ないで働かない限りこの問題は解決しません。

程なくしてディニシュが、Gwartが会場にいる事に気が付きます。しかもスタッフ専用エリアです。彼女はYaoNetのスタッフです。いったいなぜ?Gwartの後を追いかけます。
ジャレットが見たのは、幻影ではありませんでした。

Chap07: ハッカーハウスで

モニカがハッカーハウスに着くと、玄関にキャンプの張り紙が貼ってあります。やはり犯人はジン・ヤンのようです。
中では、大勢の女の子がPCに向かって偽のアマゾンのレビューを書き込んでいます。
ジン・ヤンは、悪びれることなく会社の名前を使ったことに対しての口止め料をモニカに払おうとします。しかしモニカはすぐに彼女たちを家に帰すよう命令します。

Chap08: 三度会場で

引用:HBO

リチャード達はGwartの存在でYaoNetがネットワークに負荷をかけていることを突き止めます。
ローリー達は架空の会社名を使って会場に潜り込んでいました。
恐らくハワイでの事業の失敗に備えて、今のうちにパイドパイパーの息の根を止めようと企んでいるとリチャードは考えるのです。

YaoNetからのアクセスの排除はこの分散型のネットワークシステムでは操作が出来ません。
ギルフォイルが言った『中国』の一言でリチャードは、何かを思いつくのです。

Chap09: 再びハッカーハウスで

モニカは彼女たちを家に帰し、二度と会社を利用するなとジン・ヤンに言ってその場を去っていきます。

引用:HBO

その時、ジン・ヤンの携帯にリチャードから連絡が入ります。
リチャードはジン・ヤンがパイドパイパー社のソースコードを盗んでYaoNetに書き換えた時のSSHキーを持っているかどうかを確認します。
しかしジン・ヤンは、今まさにモニカに自分の仕事を台無しにされた所だと言って、電話を切ってしまいます。

引用:HBO

帰ろうとするモニカの所にリチャードから電話が入ります。リチャードからの指令は、ジン・ヤンからSSHキーをなんとしてでも手に入れる事です。
ジン・ヤンは、モニカの事が昔から大嫌いであなたが欲しいと思うものは決してあなたに与えないと言い切ります。
最初は丁寧にお願いしていたモニカですが、最後は力ずくで奪おうとします。取っ組み合いになったジン・ヤンはそのメモを遂には飲み込んでしまいました。

絶望するモニカの横でビックヘッドがSSHキーの唄を口ずさんでいます。すべて暗記していたのです。

Chap10: 制御室で

ビックヘッドからSSHキーを教えてもらっいサーバーに侵入することが出来たリチャードですが、内部は不正アクセス防止の為のハニーポットがいっぱい存在し、そのキーだけでは削除が出来ないことが判明します。
ジャレッドはGwartから本当のサーバーを聞き出す為に会いに行きます。

Chap11: 四度会場で

引用:HBO

ジャレッドは、Gwartが決まった時間におやつを食べる事を知っており、その時間に彼女の好物であるアーティチョークをもって彼女の元に現れます。
事情をすべて話し、会社と自分の為に協力してくれと頼みます。

引用:HBO

GwartはジャレッドにもらったアーティチョークをもってYaonetの作業室に戻ります。
中にはローリーがいます。ローリーはおもむろにそのアーティチョークをつかみ、一口かじるのです。それを見たGwartは・・・

Chap13: 再び制御室で

ジャレッドは上手く行かなかったことを伝えようします。
しかし、リチャードから上手く行ったと聞かされるのです。Gwartから正しいポートが送られてきたのです。

YaoNetのアクセスを取り除き、不要なアプリを取り除くことで速度は回復します。これで一件落着と思い、皆で祝杯を挙げています。
しかし、なぜか速度の回復が見られません。それどころかさらに低下しています。許容量は60%にまで落ち込んでいます。

Chap14: 5度、会場で

会場を視察すると、物販では決済トラブル、ラスの考えた有料トイレのドアも開けられず長蛇の列で客からのブーイングの嵐です。このままでは暴動になりかねません。
早く原因を突き止めなければなりません。

引用:HBO

ここでまたラスがパンツ一丁でコスチュームの事で絡んできます。
ラスがリチャードに送ったメッセージも送られておらず不具合が発生しています。ラスは3パターンのコーディネートの写真を送ったようです。ジャレッドは、その場しのぎで2番目がいいとラスに告げますが、人種差別要素の強いその衣装が本当にいいのかと聞きなおします。お前らは全員クソッタレだと言って立ち去ります。

リチャードは、会場でローリーを見つけ彼女の元に駆け寄ります。
リチャードは、YaoNetがやっている事でローリーを責めます。
しかし、ローリーはそれに関して全く関与はしておらず、ここにいるのはあなたたちの機能をスパイしに来ていたのだと言います。
そして、パイパーネットがYaoNeT同様にまだ実用的ではない事がわかり、私たちが盗用するものが無いことを確認できたと言って会場から去って行きました。

リチャードは、悔しさと絶望のあまり、思わず自分のPCを叩き壊します。

Chap16: 夜の会場で

リチャードは3時間近く部屋に閉じこもり出てこようとしません。
リチャードをどうするか3人で話していると、会場中にドローンが突然飛び回り始めます。何かの嫌な予兆です。

するとリチャードが部屋から出てきて彼らに声を掛けます。
リチャードは、ギルフォイルのPCをいじくりまわしている時に解決策を見つけたかもしれないと言います。
それは、新たなAIを使って圧縮技術を再構築する事です。
リチャードは、既にギルフォイルのAIを作り変えてネットワークの最適化を行っています。
ディニシュはそれはあまりに無謀な事だと言い、ギルフォイルにPCを確認させます。
そこでギルフォイルは、自分のAIがすでにディニシュによってバージョンを書き換えられていることに気が付きます。
ディニシュは、ちょっといいアイデアが浮かんだからこの前ちょっといじってみたと言います。

引用:HBO

突然、空を飛んでいるドローンが暴走を始めます。間違いなくAIの影響です。
ディニシュは、これは自分のせいではないと責任を逃れようとします。
これにはさすがのギルフォイルにもお手上げです。AIはブラックボックスと同じで中を見る事が出来ないのだと。

ラスのホログラムが怪しい動きをし、その後すぐに会場が闇に包まれます。
リチャードは、刑務所行きを覚悟します。

引用:HBO

第三候補のまともな衣装を着て現れたラスは、なぜ会場が真っ暗なのかをリチャードに聞きます。ラスはクスリで少しハイになっています。
言葉に詰まるリチャード。
ラスが「明かりを!」と叫ぶと、なんと会場の灯りが再び灯り始めるのです。
自分の一声で灯りがついたことに上機嫌のラス。

リチャードは何が起こったのか理解できていません。
ネットワークは回復し、なんと許容量が160%まで上昇しています。
ありえない程の大規模な圧縮が起こったに違いないとギルフォイルが言います。

リチャードの圧縮技術、ギルフォイルのAI、そしてディニシュの行った上書きが奇跡を起こしたのです。
君たちはIT界の三銃士だとジャレッドは絶賛します。

どうやら新しいAIがネットワークの圧縮化に見事に成功したようです。
どうやったかはわかりませんが・・

Chap16: 機内で

マウイからサンフランシスコに戻る飛行機に乗るAT&Aのマイケル。
ふと窓の外を見ると、巨大なラスのホログラムを目にします。
マイケルのPCにリチャードからメールが届きます。

「我々は話す必要がある」

引用:HBO

まとめ

土壇場で何とか大ピンチを切り抜ける事ができましたね。
ジャレットではないですが、まさに『3本の矢』のようですね。
それとも偶然の産物、たまたま運がよかったのか?
最終的な試みがAIに丸投げという所がちょっと怖い気もします。
いったいディニシュの加えたスパイスは何だったのでしょうか?

それと、Gwartは今の所まだ一言もセリフを発していません。このままセリフなしで終わるのでしょうか?

このエピソードでは、ギャビンがいつ登場するかドキドキしながら観ていましたが、結局登場無しでした。差し止め命令の件はこのままでは引き下がらないような気がしますがどうなんでしょうか。

次回はいよいよファイナル・エピソードです。

どのようなフィナーレになるのか待ち遠しいですね。

おまけ

Oh,I’m sure 20,000 coked-up douchebags will be very civil when they can’t get food or water.

引用:HBO

会場がパニックになったときにディニシュが叫んだ言葉です。

①coked-up ・・・・ コカインでハイになった
②douchebag・・・・ 本来は女性用の洗浄機。ここではウザイ奴の意。

ハイになった2万のウザイ奴らが、食べ物も飲み物も手に入らなくなったらかなりやばいことになるぞ!

一見すると移動遊園地のある健全なフェスティバルのように見えますが、かなりやばい輩が集まる危ないイベントだったのですね。

エピソード7予告

episodo7はコチラ

『シリコンバレー』は、2014年にアメリカのHBOでスタートした若きIT起業家達の成長を描いたコメディーです。クリエイティブな才能はあっても、ビジネスの才能がなければビックマネーは手に入れる事はできません。ビジネスセンスの全くない[…]

シリコンバレーのシーズン1~5はAmazonプライムでみれます!

【PR】Amazonプライムビデオ 30日間無料で試したい!

Amazonプライムビデオの海外ドラマ関連記事はこちら

関連記事

動画配信サービスだけでなく、2020年にはビデオゲームをストリーミングするためのサービスも開発中のアマゾンです。最近のコロナの影響で自粛中の中、個人的に、はまったのがアマゾンプライムビデオ!月額利用料がかなり安価な事やデバイス数の[…]

amazon_prime_video

最新情報をチェックしよう!
>Streaming SPIRE

Streaming SPIRE

最先端のテクノロジーと未知なるストリーミングサービスの情報を提供するオウンドメディア! ストリーミング スパイヤー

CTR IMG