【Angels】来季のエンゼルスのロースターを勝手に予想しました。その2(FAで先発補強)

エースクラスの先発投手が絶対に2人必要

来季のエンゼルスには、どうしても強力な先発があと2枚必要です。
しかしエンゼルスには、絶対エースがなかなか来てくれない事情があります。
それは大谷選手の存在です。大谷選手が二刀流を続けることで先発ローテを通常の中4日で回すことができないのです。

中4日のローテだとシーズンを5人のスターターで回し、一人年間32か33回の先発となりますが、6人ローテだと、27回となってしまいます。

先発投手の目標の一つとしてシーズン200イニング達成という目標があります。これは怪我無く大きく崩れることなく1年間のローテーションを続けないと達成できない、いわば先発投手の勲章のようなものです。


中4日の先発で責任である6回までをすべての登板で行っても、200イニングにようやく到達するかどうかというぎりぎりの所なのです。

ちなみに今シーズン200イニングに到達した選手は・・

今シーズン200イニングに到達した選手

Zack Wheeler’s seven strikeouts

①ウィーラー(PHI) 213-1/3 先発32
②ビューラー(LAD)  207-2/3 先発33
③ウェインライト(STL) 206-1/3 先発32
④アルカンタラ(MIA) 205-2/3 先発33

 大谷(LAA)     130-1/3 先発23 

上記のたった4名だけなのです。

そこを目標とするバリバリ現役の先発型の投手は、エンゼルスの不規則なローテーションではなかなか来てくれないのが現状です。

なのでエンゼルスとしては、中5日でも投げてくれそうな、例えば故障明けだったり、超ベテランの中からエース核の投手との契約をするような感じになるのではないでしょうか。

今季の主なFA選手

Name年齢チーム利き腕年俸WAR備考(CYサイヤングASオールスター)
★★ Zack Greinke 37.9 HOU 右投げ $35,000,000 1.22008CY
Justin Verlander 38.6 HOU 右投げ$33,000,000 2011.2019CY/TJ手術明け
Clayton Kershaw 33.5LAD左投げ$31,000,0002.42011.2013.2014CY
★★★Max Scherzer37.2LAD 右投げ $34,603,4805.32013.2016.2017CY
Johnny Cueto35.6SF 右投げ $22,000,0000.82014.2016AS,球団OP有
Marcus Stroman30.4NYM 右投げ $18,900,0003.62019AS
Kevin Gausman30.7SF 右投げ $18,900,0005.32021AS
Danny Duffy32.8LAD 左投げ $15,500,0002.1故障中
Corey Kluber35.4NYY 右投げ $11,000,0001.42014.2017CY
Drew Smyly 32.2ATL 左投げ $11,000,0000.4
Carlos Martinez30.0STL 右投げ $17,000,000-1.42015.2017AS
Michael Pineda32.7MIN 右投げ $10,000,0001.42011AS
★★Noah Syndergaard29.1NYM 右投げ $9,700,000 -0.12016AS/TJ手術明け
Zach Davies28.6CHC 右投げ $8,630,000-0.9
James Paxton32.8SEA 左投げ $8,500,000 0.0TJ手術明け
E.Rodriguez 28.4 BOS 左投げ $8,300,0001.8
Robbie Ray30.0TOR 左投げ $8,000,0006.72017AS,2021CY候補
Scott Kazmir37.7SF 左投げ $8,000,000-0.3
J.A. Happ38.9STL 左投げ $8,000,000-1.52005.2008.2014AS
Jordan Lyles30.9TEX 右投げ $8,000,000 -0.2
Andrew Heaney 30.2 NYY 左投げ $6,750,0000.3
Chris Archer33.0TB 右投げ $6,500,000-0.12017AS
A. DeSclafani 31.4SF 右投げ $6,125,0003.9
Jon Gray29.8COL 右投げ $6,000,0001.3

欲しい投手に★をつけてみました。(最大星3つ)

間違いなくどのチームもお金に余裕があれば欲しいのはシャーザー選手ではないかと思いますが、間違いなく2年7000万㌦は下らないと思います。このままトレードで加入したドジャースと契約するのではないでしょうか。ケガで離脱中のカーショウ選手もドジャースと再契約でしょう。

だれがエンゼルスの絶対エースにふさわしいか!

Syndergaard’s final out of 2021

そこでエンゼルスの絶対エースとして、メッツからFAとなるシンダーガード選手に白羽の矢をあてます。昨年トミージョン手術を受け、今季終盤に1イニングだけ復帰した状態で回復状況に関しては未知数ですが、まだ29歳と若く、ここは彼の回復を信じて4年総額1億㌦で契約です。

Zack Greinke’s scoreless start

そして先発2番手には、アストロズをFAとなるグレインキー選手と2年2000万㌦で契約を締結。

グレインキー選手のたっての希望でエンゼルスとの契約の話が発生し、その理由が大谷選手と一緒に戦いたいという素晴らしいエピソード付きの契約となります。(あくまで妄想です)

故障明けのシンダーガード選手とベテランのグレインキー選手ならば中5日登板を受け入れてくれるのではないでしょうか。シンダーガード選手は、来年は故障明けの球数制限ももしかしたらあるかもしれません。

大谷選手は曜日限定の週一登板に固定し、残りの曜日を5人で回す方法も考えられます。

保険として、もし他チームとの契約はまとまっていなければ、ヤンキースFAのヒーニー選手とエンゼルスFAのバンディ選手をおさえで契約しておくというのも手段かもしれません。

Andrew Heaney K’s five

これで予算8300万㌦の大半の4000万㌦をスターターに使い、残りは4300万㌦です。

私はこの2選手を選びましたが、球団が誰を狙うかの楽しみでなりません!

次はブルペンの補強です!

来季のロースター予想

先発2名を加えた来季ロースターです。

投手12名 野手12名 2way1名 計25名

スターター

★①シンダーガード(29) WAR –  2500万㌦  
★②グレインキー(38)  WAR 1.2  1000万㌦ 
③サンドバル(24)      WAR 2.2
★④コブ(34)  WAR 1.7  1000万㌦
⑤スアレス(23) WAR 1.9

ブルペン

①ウォーレン(25)     WAR 0.9


④マイヤーズ(29)     WAR 1.5
⑤タイラー(24)      WAR 0.3
⑥キハダ(25)       WAR 0.1 
 

クローザー

★①イグレシアス(31)   WAR 2.8 1500万㌦

キャッチャー


②スタッシ(30)      WAR 1.8

内野手

①ウォルシュ(28)     WAR 2.9
②フレッチャー(24)    WAR 1.9  520万㌦ 
③レンドン (31)      WAR 0.0 3500万㌦

⑤メイフィールド(30)   WAR 0.4

外野手

①トラウト(30)      WAR 1.8  3554万㌦
②マーシュ(23)      WAR 0.2
③アデル (22)       WAR 0.3
④アップトン(34)     WAR -0.7  2120万㌦
⑤ウォード(27)      WAR 0.6      

2WAY

①大谷(27)        WAR 9.0  425万㌦

※ブルペン枠を1減らし、ユーティリティーでウォード選手を追加しました。但し守備の上達が絶対条件です。もともと捕手という事で第3の捕手要員にもなります。
※WARを最新の数値に修正しました。

続く

参考資料(記事の情報は下記のサイトを参考にしています)

https://legacy.baseballprospectus.com/compensation/cots/al-west/la-angels/

https://www.baseball-reference.com/leagues/MLB-leaders.shtml


最新情報をチェックしよう!

Streaming SPIRE

最先端のテクノロジーと未知なるストリーミングサービスの情報を提供するオウンドメディア! ストリーミング スパイヤー

CTR IMG